主流はジェネリック医薬品 | EDは治すべき病気の一つ!治療薬による改善を試みましょう!
水と薬

主流はジェネリック医薬品

お薬は決して安いものではありません。
今回のようなED治療薬はもちろん、風邪薬や胃腸薬のような馴染みのあるお薬も共通していることです。
でも、どうせ購入するなら少しでも安く済ましたいというのが本音ではありますよね。
アスランスというED治療薬があるのですが、この治療薬はバイアグラとほぼ同じ効能を持っているにも関わらずバイアグラより格安に買うことが出来るのです。
何故かというとアスランスがバイアグラのジェネリック医薬品だからです。
そもそもジェネリック医薬品とは何かご存知でしょうか。
最近は製薬会社がテレビコマーシャルを通して、このジェネリック医薬品というキーワードを使っているのを聞いたことがありませんか?
日本の製薬会社もジェネリック医薬品を販売している会社が多くなってきています。
ジェネリック医薬品とは元々開発されていたお薬を日本の製薬会社が日本人向けに加工し、国内で販売しているお薬のことです。
どうして、製薬会社は薬を作りなおすのではなく、加工するだけかというと一から薬を作るとなると莫大な時間と資金が必要になるからです。
まず、薬を開発するための施設、その施設の維持費、開発するスタッフの人件費などが大量にかかってしまいます。時間も半年や1年ではありません。10年以上かかる可能性もあります。
このようなことを余裕のない会社はわざわざ行おうとは思いません。
ジェネリック医薬品を作った方が資金も少なくて済みますし、はやく患者さんに提供できます。
ジェネリック医薬品は国も推奨しているので、今後はジェネリック医薬品がどんどん増えていくことは間違いないでしょう。